photoanalysisdプロセスの挙動

MacOS Sierra に更新してアクティビティモニタを見てみると photoanalysisd というプロセスが常時100%超えを示していて、丁度重い作業をするところだったのでリソース不足を解消するために次のような launchctl コマンドを使って一旦止めることしました。

http://hkitago.tumblr.com/post/151969879196

作業も終わったところでさてこのプロセスは何をしているのかと、アクティビティモニタのプロセスを開いて「開いているファイルとポート」タブからログを眺めていると、写真アプリのライブラリ内データを読んでいることが分かりました。

更に “~/Library/Application Support/AddressBook/…” というログを見つけたので、写真アプリのアルバム>ピープルを見るとこのようなメッセージを表示していました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-6-40-18

実際に写真アプリを起動すると photoanalysisd プロセスの CPU 使用率は0%になり、閉じると再び上昇するという挙動をしていましたので、作業中は上述したコマンドでプロセスを終了し、夜間など使用しない際に再度プロセスを読み直すという方法が良いのかと思います。

夜間に放置しておいたところ、約4万2千枚ある写真のライブラリを12時間くらいかけて解析していました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-8-19-33

参考:

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio といった IDE と CotEditor を重用しています。