安価な子供の位置情報確認方法

昨年から子供が習い事を始めたのでスマホを使った位置情報の共有方法を模索してきました。最善策は、iOS にデフォルトで組み込まれている「友達を探す」アプリの利用(実際夫婦間ではこれ)なのですが iPhone 端末が高価なので、開発時に検証用に使っている「Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite」に、月間通信量500MB未満は無料の「0 SIM」を挿して渡すことにしました。そしてこの頃、Google の位置情報共有サービスは Google+ を使った複雑な設置が必要だったので Glympse をインストールしました。

iPhone と比較して Android 端末は GPS の性能が貧相な(位置情報ゲームではこのブレを悪用する場合もあるとかないとか…)ので、少しでも改善すべく GPS Locker をインストールしました。

また10秒以上電源ボタンを押すと強制再起動するというハードウェアのユーザインタフェースの難癖があり鞄の中での置き方を教えるという事もありました。さらに Glympse は最大で4時間までしか共有の設定ができず、Gps Tracker を使った自作システムなどを試しましたが、端末のスリープ時に位置情報を更新できない Android 特有の問題を解決できず悶々としていたところ、遂に Google マップがサービスに対応したので移行しました。

子供用の Google アカウントを取得し Google マップの共有設定は問題なく Wi-Fi 環境下で検証できましたが、端末の「設定>データ通信量の管理>ネットワーク通信を行うアプリ>システムアプリ」の設定はどれを選ぶべきか説明がなく一つずつチェックを入れて試してみたところ、次の3つを有効にする必要がありました。

  • マップ
  • Google Backup Transport
  • Android OS

Google マップアプリは常時起動しておく必要がなく、位置情報共有も停止にチェックを入れるまで事実上恒久的に設定しておく(急に遊びに行く場合に手渡すだけ)ことができ、ブラウザ上のマップでも問題なく位置情報が確認が可能です。一つ問題が残るのは、友達を探すアプリのような出発/到着の通知機能がないので FB Messenger アプリをインストールしました。前述のように GPS の性能上、ごく稀に1Km以上ブレたりすることがあるので、その場合メッセージを送って確認するようにしています。

最後に気になるデータ通信量について、設定>Googleから全てのデータの自動同期をオフに設定し、1日3時間ほどの利用で(メッセ通信などが)多い時でも10MB程度で、もちろん毎月の運用費は掛かりません。

以上、携帯端末を公共の場所で利用する場合のルールとマナーについて子供に教える良い機会にもなっている、お勧めの利用方法の紹介でした。お年寄りにも是非どうぞ。

P.S. バッテリ容量を考慮すると今から端末を用意する場合、アマゾンでベストセラー1位の P9 lite が良いかと思います。

参考:

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を FreeBSD, MacBSD, Mac OS X で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron と渡り、現在は Coda, Xcode, Eclipse, Android Studio といった IDE と TextWrangler を重用しています。8時間の区切りで仕事と家庭、睡眠を維持しつつ、作業の自動化や効率化の導入を応援しています。P.S. 制作履歴はLinkedInの公開プロフィールをご覧ください。