エフェクトを付けたLive Photosを共有する

タンブラーを眺めていたらとても綺麗なループ画像が流れて来たので説明を見ると iOS11 の写真アプリの新機能である、ライブフォトのループ効果を使ったものらしい。

http://hkitago.tumblr.com/post/165599430626

早速子供を撮影したライブフォトにバウンス効果を付けて妻の iOS10 端末にメッセージで送ってみてもうまく見れないというので、自分の MacOS のメッセージに送ってみても白いファイルアイコンが表示されているだけで中身を見ることができず、上述したタンブラー投稿はアニメーション GIF になっているので何か書き出し方法がないものかと調べました。

http://hkitago.tumblr.com/post/165599263676

これによると効果を付けたライブフォトはアルバムタブ内にある「アニメーション」という名前のアルバムにアニメーション GIF で保存されているので、後は煮るなり焼くなり好きな方法で共有が可能であると言うことです。Apple の公式サポートページで写真アプリの新機能の説明の最後に「アニメーションGIFに対応」とあるのはこう言うことなのだろうと思います。

もう一つ日本語で解説している記事があったので紹介すると、効果を付けたライブフォトを選択してからメールで共有するとアニメーション GIF に変換して送るようです。

先に試したように編集した写真を選択して直接メッセージなどで共有するとビデオ形式で送ってしまうようで、実際に MacOS や異なるプラットフォーム上では表示できなかったけれども、iOS11 端末のメッセージでは問題なく表示していたので手間を考えると iOS11 間であれば直接送った方が良い場合がありそうです。

ちなみに iPhone SE で撮影しバウンス効果を付けてメール送信すると 8MB のアニメーション GIF になっていたので、シネマグラフの色調や最終的な書き出しのファイルサイズなどの調整作業などは従来通り Photoshop や GIF Brewery といったアプリに頼る必要がありますが、簡単にループアニメーションを作って共有できるのはとても面白いと思います。

参考:

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を FreeBSD, MacBSD, Mac OS X で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron と渡り、現在は Coda, Xcode, Eclipse, Android Studio といった IDE と TextWrangler を重用しています。8時間の区切りで仕事と家庭、睡眠を維持しつつ、作業の自動化や効率化の導入を応援しています。P.S. 制作履歴はLinkedInの公開プロフィールをご覧ください。