Googleマップのルート検索結果をカレンダーに追加するサービスメニュー

iOS 版の Google Maps アプリは電車やバスを使う場合のルート検索結果の詳細表示画面で、再下方にスクロールすると「カレンダーに追加」ボタンがありカレンダーアプリに予定を追加することができますが、MacOS のブラウザを使った場合に同じことができないものかと模索した結果、Automator でサービスメニューに追加するべくワークフローを作成することにしました。ファイルは Dropbox に置いたのでご自由にお使いください。

GMapルート検索結果をカレンダーに追加.workflow

使い方は、

  1. ダウンロード後、ZIP 解凍してダブルクリックをするとサービスインストーラーのダイアログが表示されるのでインストールボタンを押してください。
  2. ルート検索の詳細を表示した画面で、サービス>GMapルート検索結果をカレンダーに追加をメニューから選択してください。現在、Safari と Chrome のみ対応しています。

    電車/バスルート検索の詳細画面以外でサービスを実行するとエラーを返します。

  3. カレンダーアプリが前面に来て一覧を表示するので、予定を入れるカレンダー名を選択して OK を押してください。
  4. 予定の内容は、可能な限り iOS 版に近いものにしました。日跨ぎの予定に対応し、出発/到着時間の指定により一週間内で日付を判定して追加するようにしました。

出発/到着時間の設定にカレンダーで選択ができるにも関わらずその指定日へ予定が追加できないのは、グーグルが電車やバスの運行状況を曜日毎でのみデータを保持しているからなのか、検索結果に曜日しか表示されないという理由があります。AppleScript のソースコードは最初の手順で Automator で開くと見ることができるので、改変などご自由にどうぞ。

技術的な余談で言うと、Yosemite から利用できる JavaScript for Automation (JXA) での記述も検討したのですが、2つのブラウザの処理の違いとコード量、結局 JavaScript で DOM 操作をすることなどを考えると従来の方法になってしまいました。

参考:

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を FreeBSD, MacBSD, Mac OS X で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron と渡り、現在は Coda, Xcode, Eclipse, Android Studio といった IDE と TextWrangler を重用しています。8時間の区切りで仕事と家庭、睡眠を維持しつつ、作業の自動化や効率化の導入を応援しています。P.S. 制作履歴はLinkedInの公開プロフィールをご覧ください。