photoanalysisdプロセスの挙動 High Sierra編

近年更新毎に何かのプロセスが悪さをしてくる MacOS ですが、引き続き photoanalysisd プロセスが昨年のものとはちょっと違った挙動をしていたので紹介します。iTunes と 写真アプリのライブラリは 4TB の外付けドライブに置いているのですが、排出しようとした時に次のようなエラーを返してきたことで発見しました。

そこで lsof コマンドを使って調べてみると、photoanalysisd プロセスが写真アプリを起動していないにも関わらず常時ライブラリの中にあるデータベースファイルを読んでいることが分かりました。これは OS の起動直後から開始しているようで、アクティビティモニタを見ても CPU 時間が圧倒的な数値を記録しています。

hkitago$ sudo lsof | grep /Volumes/TOURO\ Desk/
photoanal 497 hkitago txt REG 1,18 32768 6114807 /Volumes/TOURO Desk/写真 Library.photoslibrary/private/com.apple.mediaanalysisd/MediaAnalysis/mediaanalysis.db-shm
photoanal 497 hkitago 29u REG 1,18 45486080 6114800 /Volumes/TOURO Desk/写真 Library.photoslibrary/private/com.apple.mediaanalysisd/MediaAnalysis/mediaanalysis.db
photoanal 497 hkitago 30u REG 1,18 4152 6114806 /Volumes/TOURO Desk/写真 Library.photoslibrary/private/com.apple.mediaanalysisd/MediaAnalysis/mediaanalysis.db-wal
photoanal 497 hkitago 31u REG 1,18 32768 6114807 /Volumes/TOURO Desk/写真 Library.photoslibrary/private/com.apple.mediaanalysisd/MediaAnalysis/mediaanalysis.db-shm

「強制的に取り出す」を選択すると取り出すことはできた(データベースファイルの破損も気になる)のですが問題は起きなかったので、このことから設計志向を察するにメディアファイルを外付けディスクに配置することは例外なのかと思う一方、近年の SSD の普及などから内臓ディスクの容量は小さくなっていることや、iCloud ストレージを売り出したい意図などを考えると唸ってしまうものがあります。

関連して mediaanalysisd プロセスが DarkWake (ディスプレイスリープ)時に CPU を常時 50% ほど使っていることがあったりとやはり OS アップデートは人柱になること請け合いで、当面は iTunes や写真アプリを使わない時は外部ディスクを排出しておくという措置しかなさそうです。ただ、妻のアカウントでは状況が同じにも関わらず問題が起きないので発生条件は不明なのが不思議なところで、解決方法をもう少し模索したいと思います。

参考:

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio といった IDE と CotEditor を重用しています。