photoslibraryを置くディスク形式

Bluetooth の仕様が変更になった影響でポケゴープラスが使えなくなった問題が解決したのでようやく iPhone を iOS11 に更新し年末年始に撮り溜めていたカメラのデータを High Sierra の写真アプリに取り込もうとしたらこのようなエラーを表示しました。

この “jpegvideocomplement” を検索語に調べてみると、写真アプリのデータである photoslibrary が格納されているディスク形式が「大文字/小文字を区別」している場合に起きるということが分かりました。

http://hkitago.tumblr.com/post/169719340056


また原因を同じとして起きる問題に Live Photos (ライブフォト) を読み込めなくなることがあるようで、実際に High Sierra に更新する9月末以降のライブフォトがライブラリにありませんでした。

解決方法は「大文字/小文字を区別しない」ディスク形式にするより他無いらしく、一旦別の「大文字/小文字を区別しない」ディスクを用意してデータを往復させることにしましたが、同じディスクに置いていた iTunes ライブラリなど含めて 2.5TB ほどあるので時間が掛かって仕方ありません。

また関連して、少し前に画面撮影のデータが読み込めない問題があったのですが、


ファイル名に時間を付けないことで回避したように思えて、上述したディスク形式の問題で結局読み込めないという羽目になっています。

今回の教訓として iOS11 と High Sierra へ移行するにはディスク形式に注意すべきでしたが、単に APFS の内蔵ディスクを使う一般的な環境下であれば特に気にする必要がありません。

http://hkitago.tumblr.com/post/169719429926

ただ APFS は SSD に最適化した形式なので、外付け HDD は Mac OS 拡張 (HFS+) のままで十分かと思います。今後写真データは増えて行く一方だと予想できるので、一時的な作業場所として APFS の内蔵 SSD と保管用の HFS+ の HDD とライブラリのデータを分けて管理する必要があるのかなと感じると同時に、写真アプリは起動時にオプションキーを押すことでライブラリの切り替えが容易になっていますが、アプリ内でデータを別のライブラリに移動するような機能があると便利な気がしました。

参考:

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio といった IDE と CotEditor を重用しています。