エフェクトを付けたLive Photosを共有する

タンブラーを眺めていたらとても綺麗なループ画像が流れて来たので説明を見ると iOS11 の写真アプリの新機能である、ライブフォトのループ効果を使ったものらしい。

http://hkitago.tumblr.com/post/165599430626

早速子供を撮影したライブフォトにバウンス効果を付けて妻の iOS10 端末にメッセージで送ってみてもうまく見れないというので、自分の MacOS のメッセージに送ってみても白いファイルアイコンが表示されているだけで中身を見ることができず、上述したタンブラー投稿はアニメーション GIF になっているので何か書き出し方法がないものかと調べました。

http://hkitago.tumblr.com/post/165599263676

これによると効果を付けたライブフォトはアルバムタブ内にある「アニメーション」という名前のアルバムにアニメーション GIF で保存されているので、後は煮るなり焼くなり好きな方法で共有が可能であると言うことです。Apple の公式サポートページで写真アプリの新機能の説明の最後に「アニメーションGIFに対応」とあるのはこう言うことなのだろうと思います。

もう一つ日本語で解説している記事があったので紹介すると、効果を付けたライブフォトを選択してからメールで共有するとアニメーション GIF に変換して送るようです。

先に試したように編集した写真を選択して直接メッセージなどで共有するとビデオ形式で送ってしまうようで、実際に MacOS や異なるプラットフォーム上では表示できなかったけれども、iOS11 端末のメッセージでは問題なく表示していたので手間を考えると iOS11 間であれば直接送った方が良い場合がありそうです。

ちなみに iPhone SE で撮影しバウンス効果を付けてメール送信すると 8MB のアニメーション GIF になっていたので、シネマグラフの色調や最終的な書き出しのファイルサイズなどの調整作業などは従来通り Photoshop や GIF Brewery といったアプリに頼る必要がありますが、簡単にループアニメーションを作って共有できるのはとても面白いと思います。

参考:

Meow Swiftでマルチペアリング

過去にソニー製を使っていたのだけど、次のような理由から「Mpow Swift Bluetooth 4.0 イヤフォン ワイヤレスステレオヘッドセット」に乗り換えました。

  • マルチペアリングができない。
  • イヤーカバーが消耗する。(一度交換)
  • 子供のiPadがうるさいので遮音性を高めたい。
  • プラスチックが邪魔。
  • 価格。

肝心のマルチペアリングを Mac と iPad で設定して接続した場合に iPad の音が出ないことがあったので、Mac の Bluetooth 接続から切断したり、iPad (下からスワイプ)の Bluetooth をオフにしたりと模索した結果、Mac での使用後はメニューバーのサウンド設定(アイコンをオプションキーを入れながら押す)から出力を切り替えるようにしました。また、当然ながら、再度 Mac 環境で使う際は同様手順でサウンドの出力を設定します。

当初イングレスのプレイ条件下での利用を考えていましたが、必ずモバイルバッテリが必要になる面倒な状況になったり、ご近所徘徊の場合は突然の会話が発生する際にわざわざ外す必要があるといったような理由から断念しましたが、屋内利用だけでも十分オヌヌメです。

関連:

コントロールフィールドが作れない問題

iOS に対応したということに加えて自宅作業員という身分から体力維持も兼ねて昨年11月から始めたイングレスで、インテルマップがコントロールフィールドを認識せず作成できないという問題に出会し、どこに報告しようかと迷った挙句にサポートを調べた結果、既に知られているようだったので備忘録として投稿します。

http://hkitago.tumblr.com/post/110772242956


実際にインテルマップ上ではこのようになっていました。
スクリーンショット 2015-02-12 11.03.12
多重フィールドの計画を練り、リマインダーにアクティビティを順に記録して出掛けるのは単なる散歩に比べてとても面白いのですが、このような気持ちはよく分かるようになりました。笑

インテルマップを見てるとバス停と駅を繋ぐサラリーマン・エージェントが多いのも分かります。利用駅と移動範囲みたいなものが陣営に見受けられて面白いところもありますが、バスの路線を変えつつ散歩とかも健康にいいですね。

P.S. あまり行動範囲が狭いと保育園の先生と偶然会ったりする(何をしているのか理由を聞かれる)ので頻度を考えないといけません。

日本のテレビゲームミュージック

Tumblr のリンク投稿で知った「日本のテレビゲームミュージックに隠された歴史を探る」を見ました。4話まで一気見した中で幾つか興味深い内容を Twitter へ書きました。

余談ですが、国立のバックスタンド席で隣になった人が Twitter しながら見てました。確かにボールデッドの合間とかが多い、つまり、(思い入れのある選手を見ることを除けば)ゴールからゴールへの早さとか、特定の要所とか見所になるまでの時間が長いと、モバイル端末の画面に向かう時間が増えるので、それを定点撮影して解析すると試合の見所ヒートマップアプリができそうな予感がしました。笑

最後にその動画がこちら。

Facebookのニュースフィード

川崎市制記念日なるものがあり子供もろとも平日のお休み初体験ということで、別部屋で仕事をしつつリビングの AppleTV で映画やテレビ番組を見ている子供と FaceTime をしながら夏休みの予行演習をしたところが、FaceTime の方は稀に音声が途切れる一方で、バッファのある AppleTV はとても滑らかに再生されていました。

用語についてはさておき、これに関して他のサービスと比較しても最近トラブルをよく耳にするようになった Facebook の話です。

これに加えて、携帯からの投稿かなど様々な要因から個々の Facebook のタイムラインが形成されるのですが、よくよく考えると過去の Yahoo! のような登録型検索エンジンのサービスが、ウェブサイト名から投稿単位になっただけなのだと思いました。(人の繋がりを切り口にしたことで、題名のないメール投稿の亜種、とも言えそうですが)

AppleTV のバッファは生データを返しますが、Facebook のタイムラインはちょっと脚色されて表示されているという訳です。

また最近こんな記事もあり、そのバッファで人の感情が操作されてしまうというのだから話題になるのも当然のことかと思います。


結論として考えたのは、聡明な人同士であればポルノを投げようが、旅先で肉を出されようが構わないのだろうと…。

またもや話がどこかへ行ってしまいそうでしたが、広告出稿とそのデータ解析がとても有益だと思っているので、利用方針を決めて楽しいセカンドライフを!笑

余談ですが、実際に OS を更新し再起動した際に、リビングの AppleTV再生は30分くら〜い、かなり長く続いていたかと記憶しています。(仕様は未確認)

参考:
ソーシャルネットワーク

アルゴリズム

次のような面白い記事があって、ちょっと専門性が強いかなと思って以前「昨年読んで良かった3冊」というのを書いたのですが、除外していた一冊を紹介します。

高度なITを駆使する「高頻度取引(High Frequency Trading:HFT)」業者、彼らの売買を処理する私設電子取引所(Proprietary Trading System:PTS)、これらのPTSを使って顧客(投資家)の注文をさばく大手金融機関=投資銀行などが一体となって、(当人たちの意図の如何に関係なく、結果的に)大小の投資家から利益をかすめ取っている、現在の株式市場全体がそういう不公平な状態にある、というのがLewisの主張。

引用元: 『マネーボール』著者マイケル・ルイスの最新刊をめぐってウォール街が大騒ぎ – ZDNet Japan.

紹介する本には引用するようなコンピュータによる格付け解析合戦というのは色んな世界で起こっていることでその具体例が多々登場しますが、身近なところでも例えばアプリそのものはアルゴリズムの塊のようなものだし、料理においては手順とか手際の良さ=効率が良く生産性が高いというのも同じ事なのだと思います。

こんな話を妻にしていると「アルゴリズム体操ってそんな意味なんだー」と感想していて面白かったです。

P.S. 新刊の宣伝には丁度いいですね。また映画化するかな?

参考:

昨年読んで良かった3冊

ネット文献が充実してきて最近はあまり買うことがなくなった技術書以外で毎月を一冊を目標に読むようにしているのですが、ビル・ゲイツが選ぶ「今年読んで良かった7冊」に触発されて、一線を退いているとはいえこの人は一体年間に何冊くらい読んでいるのだろうかと疑問を抱きつつも3冊ほど紹介します。

番外編として技術書としてはこの本が良くまとまっていて更に新たな発見もあり良かったと思います。

解説を入れなかったのは「Amazonレビューを見て頂ければ」というフランクリンの言い訳を基に面倒だったからです。また最後に、最近は世代の異なる子供の保育園友達家族達と会うことが増えてこんな風なことを再確認しています。

先日の角川書店祭りで既に5冊購入してしまった折、今年はどんな影響のある本に出会えるのか乞うご期待。

設計思想というミーム

最近 Nexus7 を入手して Android へのコード移植を始めて分かるのは iOS 自体もそうだし、Facebook や Twitter、Feedly などクロスプラットフォームで有名なソフトウェアのユーザーインターフェース(UI)の設計(デザイン)はお互いに影響を及ぼし合っているということだ。


マウスからタッチへというハード的移行はあるものの、もちろん使いやすい UI は残り、そうでないものは (ry。これはソフト屋の競合参入が今より少なかったデスクトップ(ウィンドウシステム)時代に比べると大きな変化だろうと思って調べていた次の記事がとても興味深かった。

Moving on to digital platforms, memes are a crucial element of interface design and UX. There are many concepts that are also memes. The drop-down menu, carousel features, windows systems and so on.

Mobile UX part 3: It’s all in the memes | Reading Room UK blog

なのでミーム伝播の視点から考えると、サービスの機能が単的になってきたということに通ずるのかもしれないけども、「良いデザイン」とは日本語の「洗練」とか、すり切れた様を表す「お洒落」がよく似合うのだろうと思う。


以上を踏まえての結論:


P.S. 今回 Apple が巧く模倣したなーと思うのは電源ボタンを押した時のアルファ遷移制御かな。

GIF BreweryでアニメーションGIFを作る

Tumblr で面白いアニメーションGIFがよく流れてくるのだけど、10年ほど前は Photoshop のフレームを使っていたものだが、サイズ計算と Tumblr 連携という二つの点で GIF Brewery を使ってみることにした。


TW の埋め込み表示が巧く画像を表示しないので貼付けると、このようなユーザインターフェースを持っています。

そして最初に作ってみたのはこれです。
“ 41’ PIRLO (Italy) sees an effort go off target. ” FIFA Confederations Cup Brazil 2013: Italy 4:3 (1:2) Japan – MatchCast – FIFA.com

P.S. 二つ質問です。

  1. GIFの読み方は?
  2. フリーになったピルロの後ろから猛然と追いかけてくる日本選手は?