読了『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』

最近話題の「積読」ではないですが、Amazonの欲しいものリストに寝かせておいたものの中から電子書籍化されていない、あるいは中古で©驚安のものを選んで読むという事をたまにやるので、今回は表題にある作品を選んで購入しました。

Kindle にはハイライト機能があって後で見返すのがとても便利なのですが、印刷された本を読む時には気になる部分をコンピュータのテキスト(近年では iOS のメモ)に手打ちして残していくという事をやっていました。そこで、古いとは言え名著だと思ったので、こちらに印象に残った引用を残して置こうと思います。

ソフトウェアは思考のフォークリフトである。P.91

ゴールドマンとヘイグループが共同で行った調査結果によると、組織内で最も優れたリーダーとされる人たちには「おもしろい人物」が多いという(「愉快で楽しい人」という意味であって「変わった人」ではない)。「おもしろい」リーダーたちは、普通の管理職と比べて、三倍もよく笑うらしい(ユーモアというのは非常に右脳寄りの活動なのだ)。 P. 115

国が豊かになり、人々が快適な生活を送れるようになるかどうかは、学校で芸術家を育てていけるかどうかにかかっている。物があふれ、オートメーション化とホワイトカラーの仕事のアウトソーシングによって混乱している現代社会においては、職種を問わず、誰もが芸術的感覚を養う必要がある。みんながダリやドガになれるわけではない。だが、私たちは皆、デザイナーにならなければならないのだ。 P. 128

デザインは、古典的な全体思考能力だ。へスケットの言葉を借りれば、「実用性」と「優位性」の組み合わせである。 P. 129

熱帯雨林に暮らしていたら、さまざまな葉の見分け方を学ぶでしょう。それと同じで、私たちはいろいろな書体を見分けられる能力を身につけた訳です。 (バージニア・ポストレル)P. 138

ビジネスに携わる人がデザインをよく理解する必要などない。彼ら自身がデザイナーになる必要があるのだから。 (ロットマン・マネジメント・スクール学長、ロジャー・マーティン)P. 143

生活とデザインに関する指針

  • 1 専門的になるな。
  • 5 ものを作り出す前に、そのアイデアやコンセ6プトがオリジナルのものなのか、それには本当に価値があるのかどうかを自問してみること。
  • 6 自分が経験してきた仕事についてすべて理解し、その上で何か新しいものをデザインするときには、前のものは全部忘れてしまうこと。
  • 7 「やれたはずなんだけど」とは決して言わない。それは、やらなかったことだからだ。
  • 24 モノではなく、「経験すること」 にお金を使え。
  • 33 「普通」というのはいいことではない。
  • 38 世の中には三種類の人間がいる。文化の創造者、文化の消費者、文化など意に介さない人。最初の二種類の人間のどちらかになるようにする。
  • 40 一つのことにこだわらず、広く物事を考える。
  • 43 生活で最も重要なのは「経験」である。そして、アイデアの交換や他人との触れ合いこそ、本来の人間のありかただ。場所や対象物によって、経験の印象が強まったり、台無しになったりすることがある。
  • 50 今この場が、私たちにとってすべてである。

P. 159 http://karimrashid.com

日々の生活の中で、使用に耐え、かつ楽しくなるものを選ぶようにしよう。クラシックなデザインの衣類は、流行に左右されることがない。家具は長く使うほど趣を添えていくものだ。他人の注意を引くためではなく、自分が喜びを感じられるものを選ぶこと。家族や友人、そして自分の心以上に「もの」に重きを置くことは絶対にいけない。 P. 162 http://animatrix.com/

観念的に言えば、人間は論理を理解するようにできていない。人間は物語を理解するようにできているのだ。(認知科学者、ロジャー・C・シャンク) P. 169

技術面での行き詰まりが、技術者でない人によって解消されることはよくある。そのような場合には、IQよりも全体像をとらえる力のほうが重要だからである。思考を大きく飛躍させられる能力は、画期的アイデアの発案者に共通して見られる特徴だ。非常に広いバックグラウンドと総合的な知力を持ち、幅広く多様な経験を積んできた人に、このような能力の持ち主が多い (MIT ニコラス・ネグロポンテ)P. 215

クリエイティブで才能豊かな女性はそうでない女性よりも支配的でタフであり、クリエイティブな男性は、他の男性に比べて繊細で攻撃性が低い P. 215

精神面が中性的な人は、事実上対応のレパートリーが倍になるので、より豊かな視点で世間の人々と交流ができ、多様なチャンスを手に入れることができるのだ (チクセントミハイ)P. 216

自力で成功して億万長者になった人は、一般の人より四倍も失読症である比率が高いという。 P. 224

卓越したリーダーたちは、「『もし〜ならば〜だ』式の推論に頼ることが少なく」、調和力の特徴でもある直感的で文脈に依存した推論を重視するらしい。 (ダニエル・ゴールマン)P. 225

『詩人をマネージャーにしなさい』と言うんだ。詩人というのは独創的なシステム思考ができる人だからね。彼らは自分たちの住む世界を観察し、その意味を読み取る義務を感じている。それから、世界の動きを読者が理解できる言葉で表現する。意外なシステム思考者である詩人たちこそ、真のデジタル思考のできる人材なのだ。彼らの中から、明日の新たなビジネスリーダーが現れると、私は信じている。 (シドニー・ハーマン)P. 226

優れた交響曲

  • ベートーベン『交響曲第九番』
  • モーツァルト『交響曲第35番ハフナー』
  • マーラー『交響曲第4番ト長調』
  • チャイコフスキー『祝典序曲1812年』
  • ハイドン『交響曲第94番ト長調 驚愕』

P. 231

「共感」と「同情」は違う。同情とは他人を気の毒に思うことだ。だが、共感とは、他人と「ともに」かんじ、その人だったらどんな気持ちがするだろうかと感じ取ることである。 P. 242

リーダーシップとは共感するということだ。人々の人生にインスピレーションと力を与えるために、人と結びつきを持ち、心を通わせる力を持つことなのだ。(オプラ・ウィンフリー)P. 245

論理や哲学や理性的説明ばかり寄りかかっている人は、精神のもっとも優れた部分を餓死させることになるだろう。 (ウィリアム・バトラー・イェイツ)P. 251

幸せは条件を伴うが、喜びに条件はない。P. 299

精神的(または非物質的)な不公正は、現在、物質的な不公正と同じくらい、あるいはそれ以上に重大な問題である (ロバート・ウィリアム・フォーゲル)P. 315

物質的欲望から意味的欲望への移行は、何億人もの人々を巻き込み、歴史上類を見ないほどの大きなスケールで進行しており、最終的に私たちの時代で最も重要な文化的発展と見なされることだろう (グレッグ・イースターブルック)P. 316

幸福の要因となるものには、満足のいく仕事に従事すること、ネガティブな出来事や気分を避けること、結婚、豊かな社会的ネットワークを築くことなどがある、とセリグマンは言う。また、感謝の気持ち、許すこと、楽観主義なども同様に重要だ。(一方、大して重要でないと思われるのは、お金を得ること、高い教育を受けること、快適な気候の中で暮らすことだという結果が出ている)。P. 328

働く理由の第一は物質的利益にあったが、それも近いうちに、仕事の結果を楽しむことに取って代わられるだろうと、私は予測している (マーティン・E・P・セリグマン博士)P. 328

現在でも題名で検索をすると粗筋や感想文を多く目にすることができますが、大意を掴むのに分かりやすかったのが “A not only B” で示されるこの図でした。

http://hkitago.tumblr.com/post/178941985915

紹介されているリンクの八割はドメインが売りに出されていたりして閲覧ができなかったのが残念でしたが、当時のブログブームに乗ってなのか右脳左脳やEQ判定の話題について、妻でさえも勤務先から仕入れて熱心に話していたのをよく覚えています。

この本の前に「ファスト&スロー」を読んでいたので始めは少し不安になりましたが、脳科学ネタを引っ張ることなく時代背景から今後の展望へとうまく論を繋いでいてあっという間に読むことができました。

その脳科学ネタは最後の章で、このブログで過去に紹介したことのある仏教の話に繋がっていて、また時代の断片的なものを感じることができる内容でした。

ただ当時と違うのは自分に小学生になる子供がいるということで、彼の周りでは中学受験のための塾通いなんかが話題になっていたりしますが、例えば勉強だけをしてきた地方の学生が都心の賢い大学に入って個人の文化的差異に衝撃を受ける、というようなことを実際にも聞いたりする訳です。

プログラミングの授業が新たに小学校で始まったりする中で、このようなアンチパターンを避けるべく子供の進路についての指針として読むことができたというのは単なるビジネス書としてではなくてなかなか良かったような気がします。

background-attachmentの初期値

ある漫画作品がアニメーション化するニュースを知って公式サイトを見たところ、CSS アニメーションを使い背景でロゴを動かしていました。

ページをスクロールした時にロゴが動くと認知が弱いかな、と思い Safari ブラウザの開発メニュー>インスペクタで background-attachmentfixed にしたらスッキリとした印象になりました。

参考まで、fixed に指定すると background-origin は無効になるそうです。

カウンタで番号リストを作る際にゼロから始めようとした時にも初期値の設定を知らなくて、ol {counter-reset: item -1;} で解決したことがありました。

http://hkitago.tumblr.com/post/168622042786

コードの読みやすさを考慮しても初期値は省略しない方が良いかもしれません。

参考

エフェクトを付けたLive Photosを共有する

タンブラーを眺めていたらとても綺麗なループ画像が流れて来たので説明を見ると iOS11 の写真アプリの新機能である、ライブフォトのループ効果を使ったものらしい。

http://hkitago.tumblr.com/post/165599430626

早速子供を撮影したライブフォトにバウンス効果を付けて妻の iOS10 端末にメッセージで送ってみてもうまく見れないというので、自分の MacOS のメッセージに送ってみても白いファイルアイコンが表示されているだけで中身を見ることができず、上述したタンブラー投稿はアニメーション GIF になっているので何か書き出し方法がないものかと調べました。

http://hkitago.tumblr.com/post/165599263676

これによると効果を付けたライブフォトはアルバムタブ内にある「アニメーション」という名前のアルバムにアニメーション GIF で保存されているので、後は煮るなり焼くなり好きな方法で共有が可能であると言うことです。Apple の公式サポートページで写真アプリの新機能の説明の最後に「アニメーションGIFに対応」とあるのはこう言うことなのだろうと思います。

もう一つ日本語で解説している記事があったので紹介すると、効果を付けたライブフォトを選択してからメールで共有するとアニメーション GIF に変換して送るようです。

先に試したように編集した写真を選択して直接メッセージなどで共有するとビデオ形式で送ってしまうようで、実際に MacOS や異なるプラットフォーム上では表示できなかったけれども、iOS11 端末のメッセージでは問題なく表示していたので手間を考えると iOS11 間であれば直接送った方が良い場合がありそうです。

ちなみに iPhone SE で撮影しバウンス効果を付けてメール送信すると 8MB のアニメーション GIF になっていたので、シネマグラフの色調や最終的な書き出しのファイルサイズなどの調整作業などは従来通り Photoshop や GIF Brewery といったアプリに頼る必要がありますが、簡単にループアニメーションを作って共有できるのはとても面白いと思います。

参考:

Meow Swiftでマルチペアリング

過去にソニー製を使っていたのだけど、次のような理由から「Mpow Swift Bluetooth 4.0 イヤフォン ワイヤレスステレオヘッドセット」に乗り換えました。

  • マルチペアリングができない。
  • イヤーカバーが消耗する。(一度交換)
  • 子供のiPadがうるさいので遮音性を高めたい。
  • プラスチックが邪魔。
  • 価格。

肝心のマルチペアリングを Mac と iPad で設定して接続した場合に iPad の音が出ないことがあったので、Mac の Bluetooth 接続から切断したり、iPad (下からスワイプ)の Bluetooth をオフにしたりと模索した結果、Mac での使用後はメニューバーのサウンド設定(アイコンをオプションキーを入れながら押す)から出力を切り替えるようにしました。また、当然ながら、再度 Mac 環境で使う際は同様手順でサウンドの出力を設定します。

当初イングレスのプレイ条件下での利用を考えていましたが、必ずモバイルバッテリが必要になる面倒な状況になったり、ご近所徘徊の場合は突然の会話が発生する際にわざわざ外す必要があるといったような理由から断念しましたが、屋内利用だけでも十分オヌヌメです。

関連:

コントロールフィールドが作れない問題

iOS に対応したということに加えて自宅作業員という身分から体力維持も兼ねて昨年11月から始めたイングレスで、インテルマップがコントロールフィールドを認識せず作成できないという問題に出会し、どこに報告しようかと迷った挙句にサポートを調べた結果、既に知られているようだったので備忘録として投稿します。

http://hkitago.tumblr.com/post/110772242956


実際にインテルマップ上ではこのようになっていました。
スクリーンショット 2015-02-12 11.03.12
多重フィールドの計画を練り、リマインダーにアクティビティを順に記録して出掛けるのは単なる散歩に比べてとても面白いのですが、このような気持ちはよく分かるようになりました。笑

インテルマップを見てるとバス停と駅を繋ぐサラリーマン・エージェントが多いのも分かります。利用駅と移動範囲みたいなものが陣営に見受けられて面白いところもありますが、バスの路線を変えつつ散歩とかも健康にいいですね。

P.S. あまり行動範囲が狭いと保育園の先生と偶然会ったりする(何をしているのか理由を聞かれる)ので頻度を考えないといけません。

日本のテレビゲームミュージック

Tumblr のリンク投稿で知った「日本のテレビゲームミュージックに隠された歴史を探る」を見ました。4話まで一気見した中で幾つか興味深い内容を Twitter へ書きました。

余談ですが、国立のバックスタンド席で隣になった人が Twitter しながら見てました。確かにボールデッドの合間とかが多い、つまり、(思い入れのある選手を見ることを除けば)ゴールからゴールへの早さとか、特定の要所とか見所になるまでの時間が長いと、モバイル端末の画面に向かう時間が増えるので、それを定点撮影して解析すると試合の見所ヒートマップアプリができそうな予感がしました。笑

最後にその動画がこちら。

Facebookのニュースフィード

川崎市制記念日なるものがあり子供もろとも平日のお休み初体験ということで、別部屋で仕事をしつつリビングの AppleTV で映画やテレビ番組を見ている子供と FaceTime をしながら夏休みの予行演習をしたところが、FaceTime の方は稀に音声が途切れる一方で、バッファのある AppleTV はとても滑らかに再生されていました。

用語についてはさておき、これに関して他のサービスと比較しても最近トラブルをよく耳にするようになった Facebook の話です。

これに加えて、携帯からの投稿かなど様々な要因から個々の Facebook のタイムラインが形成されるのですが、よくよく考えると過去の Yahoo! のような登録型検索エンジンのサービスが、ウェブサイト名から投稿単位になっただけなのだと思いました。(人の繋がりを切り口にしたことで、題名のないメール投稿の亜種、とも言えそうですが)

AppleTV のバッファは生データを返しますが、Facebook のタイムラインはちょっと脚色されて表示されているという訳です。

また最近こんな記事もあり、そのバッファで人の感情が操作されてしまうというのだから話題になるのも当然のことかと思います。


結論として考えたのは、聡明な人同士であればポルノを投げようが、旅先で肉を出されようが構わないのだろうと…。

またもや話がどこかへ行ってしまいそうでしたが、広告出稿とそのデータ解析がとても有益だと思っているので、利用方針を決めて楽しいセカンドライフを!笑

余談ですが、実際に OS を更新し再起動した際に、リビングの AppleTV再生は30分くら〜い、かなり長く続いていたかと記憶しています。(仕様は未確認)

参考:
ソーシャルネットワーク

アルゴリズム

次のような面白い記事があって、ちょっと専門性が強いかなと思って以前「昨年読んで良かった3冊」というのを書いたのですが、除外していた一冊を紹介します。

高度なITを駆使する「高頻度取引(High Frequency Trading:HFT)」業者、彼らの売買を処理する私設電子取引所(Proprietary Trading System:PTS)、これらのPTSを使って顧客(投資家)の注文をさばく大手金融機関=投資銀行などが一体となって、(当人たちの意図の如何に関係なく、結果的に)大小の投資家から利益をかすめ取っている、現在の株式市場全体がそういう不公平な状態にある、というのがLewisの主張。

引用元: 『マネーボール』著者マイケル・ルイスの最新刊をめぐってウォール街が大騒ぎ – ZDNet Japan.

紹介する本には引用するようなコンピュータによる格付け解析合戦というのは色んな世界で起こっていることでその具体例が多々登場しますが、身近なところでも例えばアプリそのものはアルゴリズムの塊のようなものだし、料理においては手順とか手際の良さ=効率が良く生産性が高いというのも同じ事なのだと思います。

こんな話を妻にしていると「アルゴリズム体操ってそんな意味なんだー」と感想していて面白かったです。

P.S. 新刊の宣伝には丁度いいですね。また映画化するかな?

参考:

昨年読んで良かった3冊

ネット文献が充実してきて最近はあまり買うことがなくなった技術書以外で毎月を一冊を目標に読むようにしているのですが、ビル・ゲイツが選ぶ「今年読んで良かった7冊」に触発されて、一線を退いているとはいえこの人は一体年間に何冊くらい読んでいるのだろうかと疑問を抱きつつも3冊ほど紹介します。

番外編として技術書としてはこの本が良くまとまっていて更に新たな発見もあり良かったと思います。

解説を入れなかったのは「Amazonレビューを見て頂ければ」というフランクリンの言い訳を基に面倒だったからです。また最後に、最近は世代の異なる子供の保育園友達家族達と会うことが増えてこんな風なことを再確認しています。

先日の角川書店祭りで既に5冊購入してしまった折、今年はどんな影響のある本に出会えるのか乞うご期待。