大文字/小文字を区別「する」から「しない」HDDへの移行方法

直前の投稿でさらっと作業内容の詳細を述べずに進んでしまった次の部分について追記します。

解決方法は「大文字/小文字を区別しない」ディスク形式にするより他無いらしく、一旦別の「大文字/小文字を区別しない」ディスクを用意してデータを往復させることにしました

情報源: photoslibraryを置くディスク形式 – hkitago software development

写真アプリのライブラリを「大文字/小文字を区別する」から「大文字/小文字を区別しない」ディスクへコピーしようとすると当然次のようなエラーを返してきます。

“写真 Library.photoslibrary”はコピーできません。コピー先ボリューム上に同じ名前の別の項目が存在しており、コピー先ボリュームはファイル名の大文字/小文字を区別しません。

そこでまず思いついたのが、TimeMachine バックアップが登場する以前に利用していた rsync コマンドでした。

http://hkitago.tumblr.com/post/169802245421

単に自分で配置したファイル群であればこのやり方で問題が無いのですが、iTunes や写真アプリのライブラリは別途データベースでファイルを管理していて整合性が取れなくなってしまう懸念があって却下しました。

次に考えたのが、ライブラリをコピーする前に実際にどのファイル名が大文字小文字違いで重複しているのかを調べて、iTunes や写真アプリ内からファイル名を変更すればデータベースもそれに応じて変更されるだろうというもので、次のコマンドを利用しました。

http://hkitago.tumblr.com/post/169756177861

iTunes ライブラリではアーティスト名やテレビドラマ名の先頭が大文字のものと小文字のものが混在していたので、アプリ内からそれぞれ変更して対応することができました。

ところが写真アプリでは、編集した写真のファイル名の拡張子を小文字にしてデータを複製するという古い iPhoto 時代の仕様が悪さをしていたようで、アプリ内からのファイル名変更ができず10枚ほどしかなかったこともあってこれらのファイルをファインダー上で順に削除しました。

そして TimeMachine の「今すぐバックアップを作成」を実行し、「大文字/小文字を区別しない」ディスク形式へフォーマット後にデータを3日ほど掛けて戻しました。

photoslibraryを置くディスク形式

Bluetooth の仕様が変更になった影響でポケゴープラスが使えなくなった問題が解決したのでようやく iPhone を iOS11 に更新し年末年始に撮り溜めていたカメラのデータを High Sierra の写真アプリに取り込もうとしたらこのようなエラーを表示しました。

この “jpegvideocomplement” を検索語に調べてみると、写真アプリのデータである photoslibrary が格納されているディスク形式が「大文字/小文字を区別」している場合に起きるということが分かりました。

http://hkitago.tumblr.com/post/169719340056


また原因を同じとして起きる問題に Live Photos (ライブフォト) を読み込めなくなることがあるようで、実際に High Sierra に更新する9月末以降のライブフォトがライブラリにありませんでした。

解決方法は「大文字/小文字を区別しない」ディスク形式にするより他無いらしく、一旦別の「大文字/小文字を区別しない」ディスクを用意してデータを往復させることにしましたが、同じディスクに置いていた iTunes ライブラリなど含めて 2.5TB ほどあるので時間が掛かって仕方ありません。

また関連して、少し前に画面撮影のデータが読み込めない問題があったのですが、


ファイル名に時間を付けないことで回避したように思えて、上述したディスク形式の問題で結局読み込めないという羽目になっています。

今回の教訓として iOS11 と High Sierra へ移行するにはディスク形式に注意すべきでしたが、単に APFS の内蔵ディスクを使う一般的な環境下であれば特に気にする必要がありません。

http://hkitago.tumblr.com/post/169719429926

ただ APFS は SSD に最適化した形式なので、外付け HDD は Mac OS 拡張 (HFS+) のままで十分かと思います。今後写真データは増えて行く一方だと予想できるので、一時的な作業場所として APFS の内蔵 SSD と保管用の HFS+ の HDD とライブラリのデータを分けて管理する必要があるのかなと感じると同時に、写真アプリは起動時にオプションキーを押すことでライブラリの切り替えが容易になっていますが、アプリ内でデータを別のライブラリに移動するような機能があると便利な気がしました。

参考:

SSDを増設したiMacを調整

SSD を増設して起動ディスクにした iMac はその後 Apple Hardware Test を行ったところ次のような 4SNS/1/40000000: TH00-9.000 というエラーを返してきました。これは電源分岐を行ったことが原因でハードディスクの温度センサーが接続されていないために起こるようで、言われてみればファンの音が若干大きいかなという気がしたので、iFixit の方法に習って SSD の電源をマザーボードから直接引っ張ることにしました。

電源ケーブルは 922-9862 という商品コードらしいので、eBay で検索して $5.29 (Free international shipping) で中国から発送のものを購入しました。

前回の作業で分解の要領は得ているので淡々と作業を進めて行ったのですが、購入した電源ケーブルの接続部分が逆方向に曲がっていたので両面テープを貼り直し SSD を裏返してくっ付けることになりました。

再度行なった Apple Hardware Test は問題もなく、ファンもおとなしくなり、ようやく修理完了です。

最後にハードウェアネタが続いた余談で、「Apple is Really Bad At Design」 という記事に、電子レンジやテレビを例に「多くの人は部品を交換しないで本体を買い替えるんだよ」というコメントがあり、今回の作業を終えた後だけあって興味深く読みました。

参考:

iMacにSSDを増設

注意:ここで紹介した電源を分岐する方法は、Apple Hardware Test でエラーとなるので、電源を直接マザーボードから引く方法について書きました。「SSDを増設したiMacを調整

開発用途の機種に未だ iMac Intel 21.5インチ Mid 2011 EMC 2428 を使っています。購入時は 8GB だったメモリ容量は3年ほど前に Parallels と Photoshop の同時利用で重たくなったので最大 16GB に増設したのですが、近年は Xcode と Android Studio の同時利用に加えて、ハードウェア買い替えの目安の一つである IME(インプット・メソッド・エディタ)の和英文字入力切り替え時、特にライブ変換の際にもたつきと引っかかりが感じられるようになりました。その度にアクティビティモニタから日本語入力プログラムのプロセスの強制終了して騙し騙し使っていましたが、丁度(改造に失敗しても潔く買い替えの理由になる)iMac シリーズの刷新の噂もあり内臓 SSD を設置して起動ディスクを変更することにしました。

もう今更感たっぷりな作業なのは恐縮ながら Amazon で用意したものはこちら。

余談で SSD は 2TB が激安価格だったので一度挑戦しましたが、案の定返金されて 525GB を買い直しました。


SSD の固定は Vintage Computer のキットを使わずにホームセンターで買ってあった両面テープにし、

前例報告は多々あるので作業を要約しますと、OWC が提供しているインストールビデオの通り片方に二枚貼り DVD ドライブ裏の曲面に合うようにしました。

マザーボードの背面側から、シリアルケーブルは下から回すという説明だったのですがヒートシンクに沿って通っていた黒いケーブルがあったので上方向にしました。

その結果 SSD 上部で折り返す羽目になってしまったので、0.3m の短いものでも良かったなと少し後悔しました。

最終的には下L型の二股電源ケーブルのお陰でヒートシンク部分と衝突することなくうまく収まりました。


最後に失敗談として、HDD のサーモセンサーのピンが抜けずマイナスドライバで押したところどこか遠くの方でカラ〜ンと音がしてプラスチックの接合部分を無くしてしまいました。幸運なことに金属部分は残っていたので組立時には iFixit の拡大図で極を確認しラジオペンチで差し込み絶縁テープを貼っておきました。(焦って写真がピンボケ笑)

起動後に元の内臓 HDD からデータを移行し sudo trimforce enable を実行し完了です。Fusion Drive 化も検討しましたが、ファイル配置が自動的に決定されることがなんとなく嫌だったので却下し、SSD をシステム用に、HDD をデータ用として運用しています。デスクトップ機種でシステム終了することが少ないため起動時の速度に喜びを感じることが少ないのですが、Parallels などのアプリの起動時や IME 切り替えの滑らかさなど、OS の更新による快適さも考えられるので結局買い替えをまた逃すことになってしまいました。


それでも片方の USB 2.0バスが逝ってしまったり限界がかなり近くなっていることは間違いないので、子供に譲るまでもう少し頑張ってもらいたいところです。

参考: