iCalとiPhoneでW杯の予定を管理

更新:ロシアW杯のデータはこちら
照会カレンダーを作る – hkitago software development

あと21日と迫ったサッカーのW杯南アフリカ大会の予定が Google カレンダー上で公開されているらしいので過去の投稿に習って iCal と iPhone で閲覧できるようにした。

  1. Google カレンダーに登録する
    World Cup 2010 Google Calendar » The Artesea” に掲載されている Google カレンダー右下のボタンをクリックしてマイカレンダーに “World Cup 2010″ を登録し、”マイカレンダー>カレンダー設定” を選ぶ。
  2. カレンダーのリンクをコピーする
    “カレンダーのアドレス>iCal” ボタン上で右クリック、 “リンクをコピー” する。


    注意:iPhone から iCal ボタンを押してみたところうまくいかなかったので、デスクトップ環境と同様にコピーする必要がある。
  3. 照会する
    iCal を起動して “カレンダー>照会” を選んだ後に URL を貼付ける。左側に照会カレンダーから編集も可能。決勝トーナメントの事を考えると自動更新を毎日に変更した方が良いと思う。iPhone からはメールで URL を自分宛に送るだけ。詳しくは “iPhoneに祝日を自動登録” を参照のこと。

iPhone の Spotlight 検索が使えるのも良い。

(・∀・)イイ!

P.S. 実は iPhone対応「2010World Cup Schedule」(無料)を使ってみたのだけど、あまりに重たくて…

更新(5/24):iPhone から iCal のリンクボタンを押してみた結果を2に追加。

更新(6/25):大会も半ばにして照会していたICSファイルが接続できなくなったので “こちら” の webcal 形式のものに変更した。

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio, Atom といった IDE と CotEditor を重用しています。座右の銘は「アウトプットは量多い方がいい。フィルタは各自がやればいい。」です。