OS X Lion の新機能

本家ライフハッカーさんの “Top 10 Secret Features in Mac OS X Lion” という OS X Lion のあまり知られていない新機能についての記事から、Leopard 時代からあった辞書を呼び出す「コマンド+コントロール+D」というショートカットがジェスチャーに対応したそうです。

実際には、調べたい文字の上にマウスカーソルを乗せて三本指でダブルタップすることで従来のようにポップアップする辞書が表示されるということですが、日本語は単語がスペースで区切られている英語とは違い、直接ダブルタップしてしまうと意図しない部分が選択されてしまうことがあるので、一旦検索語を選択状態にした後にダブルタップする方が確実な場合があります。(例えば「日本語」を検索しようと、単語の上でダブルタップしてみると「日本」だけになったり「語」だけが対象になったり…)

このように OS レベルではさらに簡単に辞書を呼び出せるようになった訳なんですが、Safari ブラウザから辞書を利用する場合は dict:// スキーマを利用したブックマークレットを使うことも未だ健在です。(参照:hkitago software development » Apple Dictionary Bookmarklet Safari ブラウザはブックマークバーの左側から順に1から9つまでの「コマンド+数字」のショートカットが割り当てられるので、右手のマウス操作と左手のキー操作の方が少しだけ作業が早い気がする。)

最後に OS X Lion は、Spaces 時代には可能だった作業スペース番号を任意に配置できないといった Mission Control の微妙な使い難さもあったり、それでも三本指スワイプで作業スペースを iOS のように移動できる便利さに感銘を受けたりしているのですが、何といっても直前に開催されていた Apple Store のローンキャンペーンでハードの買い替えを検討していたものの、3.33 GHz Core 2 Duo を搭載した Late 2009 型の iMac でも快適さを確保できているのが喜ばしいところ。

更新: システム環境設定>トラックパッドに「三本指で調べる」があることを教えて頂きました。感謝!

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio といった IDE と CotEditor を重用しています。