iPhone 4SのWi-Fi強度

iPhone 4 を妻に譲って iPhone 4S にしてから寝室において Time Capsule (MB765J/A) との Wi-Fi 接続が途切れることが多くなったので、ルーターの設定や内蔵されている Wi-Fi 部品の種類、室内の構造などから検証した。

まず室内の構造と端末の配置について、寝室から階下のルーターまで直線距離にすると4メートルくらいで(石膏ボードかな?)壁が2枚ある。

iPhone の AirMac ユーティリティで確認するとワイアレスクライアントの接続状況は iPhone 4S が「良い」iPhone 4 が「非常に良い」と表示される。具体的な接続状況は、データレートと強度を表す RSSI (Received Signal Strength Indication) 値がそれぞれ、52MB/秒と-72dBm、58MB/秒と-62dBmと表示される。上述した接続状況はこの RSSI 値を読んでいると予測できる。

そこで Lion の AirMac ユーティリティを使って自動設定にしていた ワイアレス>ワイアレスオプションの「無線モード」「2.4GHz チャンネル」「5GHz チャンネル」を全て手動設定にした。(iPhone の AirMac ユーティリティを使うと 5GHz ネットワークがオフになってしまうバグがあるの注意。Pismo があるけどほぼ使ってないので無視。)

そうするとデータレートが改善され途切れることが無くなった。それでも RSSI 値が変わらないので(たぶん Time Machine バックアップが始まった時とかに)画像の読み込みに失敗することが多々ある。これはマクドナルドなんかに設定されているソフトバンクの mobilepoint で体験するイライラ感に近いものがあると言えば伝わるだろうか。

Wi-Fi の部品については iPhone 4S で使われているものが新しい iPad と同等だというので試してみると、やはり結果は同じようなものだった。ただ、プロセッサが幾分高速なことと IEEE802.11n で且つ 5GHz は安定していることもあるのか iPhone 4S を使っている時のようなストレスを感じることはない。

と、ここまでくると最終的には Apple が公表することのない Time Capsule のハードウェア仕様に起因するのかもしれないけれど、旧型の iPhone 4 よりも 4S の電波の方が弱くなってしまうというのは端末側の Wi-Fi チップにも問題があるだろうと思わざるを得ない。最安値を付けていた Amazon でMD032J/A モデルをポチってみたので後日再検証することにしよう。

参照:

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio, Atom といった IDE と CotEditor を重用しています。座右の銘は「アウトプットは量多い方がいい。フィルタは各自がやればいい。」です。