Win10のトラックパッドドライバ

乾電池式の周辺機器を減らす一環でBoot CampのWindows 10で使っているトラックパッドをApple Magic Trackpad 2に変更しました。

旧型からの移行だったので、Windows 10の設定→デバイス→マウスの一覧から選択し「デバイスの削除」を実行しました。するとUSB接続していたMagic Trackpad 2で2本指ジェスチャ(右クリックとスクロール)ができなくなってしまい、且つタスクバーのBoot Campコントロールパネルのトラックパッド設定のタブが無くなっていることが分かりました。

そこでおググりなさってみると、デバイスマネージャーで「Apple Multitouch…」項目がヒューマン インターフェイス デバイスに確認できなかったため、ダウンロードフォルダに忍ばせておいた\Downloads\BootCamp5.1.5621\BootCamp5.1.5621\BootCamp\setup.exe を実行しドライバを回復しました。

この後、設定→Bluetoothとその他のデバイスでトラックパッドの再登録をしてOSを再起動しました。同時にキーボードも変更したのですが、スチームのスクリーンショットのショートカットキーF12が連打されてしまう問題は、ファンクションキーの挙動を変更すると解決しました。

最後に、今回どちらの周辺機器も闇市サービスで購入したのですが、手放す時は名称変更した方が良いと思われます。

前版のトラックパッドや、デザインの敗北とも言われる底面に充電端子のあるマウスと違い、有線接続でも使えるのが魅力で、特に起動時にOPTキー入力が求められるBoot Camp利用者に(天板がガラスの場合は特に)は大変便利です。

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio といった IDE と CotEditor を重用しています。無断フォロー、コメント、SNS晒し、ブックマーク等大歓迎です。