Win10のUSキーボードで英数直接入力

検証用としてParallelsでWindowsを使っていた時は、それほど文字入力をすることがなかったので気にならなかったのですが、数行程度のコード修正作業をWindows上のAtomエディタで行うようになってから面倒臭さが漂ってきたのは、Windowsの日本語入力の環境設定ではMacOSのことえりIMEにあるような平仮名入力のみとすることができず、仕方なく言語入力切替で英語を削除し日本語のみとしても半角英数字が直接入力とならない(下点線が表示されリターンキーによる確定が必要になる)ことです。

業務上、手順をメールで説明する時に矢印入力(z + h|j|k|l)をよく使うのでIMEはGoogle日本語入力という環境でおググりなさった結果、サポートフォーラムの内容から次のように、「文字入力なし」の状態で、「英数キー」(Shift + Caps Lock)を押下すると「IMEを無効化」するようにすると解決しました。それでもメモ帳を使って検証した初見ではうまくいかず、右下タスクバーで「_A」となっていた入力言語アイコンを平仮名入力の「あ」にすると期待通りの動作になったという次第です。

折角Windows側で従来のMacOSと同じようにシステムキー+スペースで入力言語を切り替えられるようにしているのに、近年MacOS側が初期状態をコントロール+スペースに変更したり、ノート型化しつつあるiPadでは3通りの切替ショートカットがあったりと、言語切替ショートカット環境はなかなか複雑です。

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio といった IDE と CotEditor を重用しています。無断フォロー、コメント、SNS晒し、ブックマーク等大歓迎です。