Core Sync Helperプロセスの自動起動を止める

20年ぶりくらいに販促用の印刷物と関連したウェブバナーを製作するお手伝いをすることになってイラストレータをM1 Mac miniにインストールしたところ、Core Sync Helperプロセスがアクティビティモニタを賑わせていることを見つけました。

参考にしたAsk Differentの質問は自動起動を防ぐ目的ですが、試してみたところ再起動後に一切プロセスが立ち上がっていなかったので良しとしました。具体的にはそちらで紹介されているように、システム環境設定→機能拡張→追加済みの機能拡張→Core Sync→Finder機能拡張のチェックボックスを外すことに加え、その下段に並んでいるFinder機能拡張→Core Sync Helperのチェックボックスを外します。

質問の投稿日が5年前にも関わらず未だ有益な制御方法というのもなんだかなあという気もしますが、過去にも類似する事案があったので参考になれば幸いです。

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio, Atom といった IDE と CotEditor を重用しています。座右の銘は「アウトプットは量多い方がいい。フィルタは各自がやればいい。」です。