Safari14のスタートページでトップサイトを使う

Safari(に限らずChromeもそうなんですが)のブックマークバーがほぼブックマークレットで埋まっているということもあって、新しいタブを開いた時に表示するようにしてあるスタートページにサイトをピン留めできないというのは使い勝手が悪いこと極まりありません。

ひょっとして広告記事なのかなという疑惑もありますが、このメディアで紹介されているような有料の機能拡張を使わずともトップサイトを表示することができます。その際「よく閲覧するサイト」という見出し部分は「トップサイト」に変わります。

サムネール上で右クリックするとコンテクストメニューも表示され、削除はできるものの、新規追加の(GUI的な)方法が無いというところです。そこで、追加を含めた編集方法としては、TopSites.plistをXcodeなりエディタアプリで操作することになります。

最後にこのスタートページを簡単に呼び出す方法として、過去は”topsite://“だったスキームを”favorites://“に変更してホームページに指定すると大変便利です。

投稿者: hkitago

個人事業主でウェブと iOS, Android アプリの開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vi, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Coda, Xcode, Android Studio, Atom といった IDE と CotEditor を重用しています。座右の銘は「アウトプットは量多い方がいい。フィルタは各自がやればいい。」です。