BOOTCAMPのバックアップ

この途中でバックアップをイメージ化しておこうと思ったのですが、iMac 2011で使っていたディスクユーティリティから作成する手法でエラーが発生しました。毎度ながら要件は「macOSでNTFSのイメージを作成する」になります。

操作はステータス1で失敗しました: その操作は許可されていません

今回のベストおググり賞は国内公式フォーラムでした。
Big sur 11.2.3 ディスク… – Apple コミュニティ

https://hkitago.tumblr.com/post/670878558849286144

実はディスクユーティリティを使う場合、DMGをIMG(CDR)に変換する作業が一手間必要なので、この手間を省くことができて結果一石二鳥ということになりました。

hdiutil convert -format UDTO -o BOOTCAMP.img BOOTCAMP.dmg
Backup and Restore Boot Camp on a new mac for free – benchodroff.com

実際の結果:

/dev/disk8 (external, physical):
   #:               TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
   0:   GUID_partition_scheme *1.0 TB disk8
   1:     Microsoft Reserved 16.8 MB disk8s1
   2:   Microsoft Basic Data ⁨DATA 1.0 TB disk8s2

% hdiutil convert -format UDTO -o /Volumes/Logitec\ RAID/DATA /dev/disk8s2
ディスク全体(Windows_NTFS: 0)を読み込み中…
経過時間:  2h 27m 52.731s
速度: 107.5Mバイト/秒
節約率: 0.0%
created: /Volumes/Logitec RAID/DATA.cdr

復元については、diskutil list コマンドでディスク{ID}を確認してから、sudo dd bs=1m if=Path/to/BOOTCAMP.img.cdr of=/dev/r{disk0s4}のようにします。

注意点は、復元先の容量を以前と揃えるか大きいものにすることと、もしリカバリーモードやUSBブートのターミナルを使う場合は先にスリープしないようにしておくことが必要です。
pmset -a sleep 0 displaysleep 0
Prevent sleep in recovery mode / install … – Apple Community

投稿者: hkitago

個人事業主の iOS, Android, ウェブアプリ開発者で一児の父親。JavaScript, ActionScript, AppleScript, PHP, SQL, ObjC, Swift, Java の読書実行試験運用管理を生業とし、Bind, Postfix, Apache を MacOS で使い、エディタは Vim, mi, Kod, Smultron, TextWrangler を経て Xcode, Android Studio といった IDE と CotEditor (最近TextMate) を重用しています。