SwiftUIでフルスクリーンウェブ描画


タイトルはキャッチーなのですが、プレイグラウンド的なやつは使わずプログラマ書術で、Xcode Version 13.2.1環境下ターゲットを最新のiOS15.2用にWKWebViewをフルスクリーンで時計も非表示にします。

面白いのが、左上パネルのプロジェクトアイコン→TARGETS→General→Status Bar Styleを弄っていたら最新版の売りを無視してinfo.plistが湧いてきました笑 記事にもあるようにコピペで追加(GUIから入れるとキーの候補にないので警告してきた)してください。

コード量が減ったかと言われるとあまり影響がありませんが、記述様式が現代風になったとでも言いましょうか